SE 転職

SE 転職 年収

SEは需要が伸びてます

SE(システムエンジニア)は人気の職業です。未経験者でもSEに転職したいと考える人も多いようです。
これほど人気職業で需要も多いのに、自分の年収や待遇に満足しているシステムエンジニアは少ないのが現状です。

 

  • もし転職したら年収はアップするのか?
  • 自分の今の年収は妥当?相場はどれくらい?
  • もっとキャリアアップしたい

 

SEは人気職業だからこそ、皆さん様々な思いがあるとは思います。

 

このまま今の会社で、今の待遇で働き続けるのか?
それとも更なるキャリアアップを目指して、年収アップを目指して転職するのかになります。

 

 

そんな時に活用するのが転職エージェントです。収入アップやハイキャリアなどを狙う人も転職エージェントを利用して、より働きやすい環境を求めています。そのために、専門のコンサルタントが支援してくれる転職エージェントを賢く活用しています。

 

転職エージェントへの登録は、無料となっていますので2社、3社と登録しておきましょう。転職エージェントからお話を聞く中で、「相場ってこんなものなのか?」、「待遇がよくないな」となどと感じて腑に落ちない場合も多々あります。そんな時、比較できるので複数の転職エージェントに登録しておきます。

 

また転職エージェントは非公開求人を持っていますが、エージェントにより異なります。ですから複数の転職先を比較してより良い環境の転職先を探していきましょう。特に、更なるアップを狙い転職する場合ですと担当のコンサルタントさん次第で大きな違いが出てきます。需要の多い人気職種ですのでよりよい環境を求めていきましょう。

 

IT業界に強い転職エージェント

レバレジーズテック
キャリアを目指したIT・Webエンジニア転職専門

レバレジーズテックは顧客一人一人にキャリア形式を考慮してサポートを行ってくれます。またフリーランス向け、転職向けのサービスを行っていますのでより自分の希望に合う転職先を見つけやすいと思います。

運営会社 公式サイト 評価
レバレジーズ株式会社 http://levtech.jp/ SE,転職,年収,

ワークポート
IT・インターネット業界専門の人材紹介会社

ワークポートはIT・インターネット業界専門の人材紹介会社となりますのでぜひ登録しておきたいエージェントになります。常時12,000件の求人案件を持っていますが、その他に非公開案件も多いです。IT業界に強いコンサルタントがサポートしてくれます。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社ワークポート https://www.workport.co.jp/ SE,転職,年収,

typeのIT派遣
IT系やWeb系企業の保有案件が多い

大手企業・有名企業とのつながりが深く、ITエンジニア、Web系SE・クリエイターに強いのがtypeのIT派遣の特徴です。創業以来、IT関連企業の中途採用や転職を行っているのでIT業界に強いエージェントです。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社キャリアデザインITパートナーズ http://shoukai.type.jp/ SE,転職,年収,

マイナビAGENT
「マイコミエージェント×IT」求職者募集プログラム 業界最大規模の求人数

マイナビは転職業界では大手となり専用コンサルタント数も多く徹底的なアドバイスが期待できます。IT業界の転職にも力を入れています。ぜひ登録しておきたい大手エージェントです。

運営会社 公式サイト 評価
株式会社マイナビ https://mynavi-agent.jp/ SE,転職,年収,

パソナキャリアカンパニー

非公開求人数が多いエージェント
パソナキャリアカンパニーでは求職者の希望に沿った職を提供するために、平日・土日問わず面接を行ってくれます。自分の経験や希望条件などしっかり伝えることが出来ます。

 

運営会社 公式サイト 評価
株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー http://www.pasonacareer.jp/ SE,転職,年収,

仕事の適性と検査

適性検査の結果を根拠にして、自分の仕事を選ぶというやり方が浸透しつつあります。仕事との相性を簡単な質問でチェックするものが、適性検査といいます。企業によっては人材を選考する際の採用基準にしているケースが多いといいます。企業によっては、1次試験や面接を受ける時に、適性試験を同時に受けるというところもあります。

 

会社が人選する場合に使われるだけでなく、自分の仕事に対する適性を見るために適性検査を受ける事もできます。仕事を選ぶ時に適性検査を受けることで、自分にはどういった仕事が向いているかを判断できます。せっかく会社に採用が決まっても、数カ月たつと仕事が肌に合わないからと辞めてしまうという人もいるようです。仕事についてみて、初めて自分にはこの仕事の仕事と適性がないことに気づき、精神的に追いつめられる人もいます。適性があると思ったのに自分の特性を活かせないといった話はよく聞くことでは無いでしょうか。

 

仕事と自分が合わないと感じる理由は、自分の適性を正しく把握していなかったために仕事と合わなかったなどがあります。仕事の適性検査によってこのタイプの仕事が合っている言われたから職業に就くというのでは無く、自分の性格や能力などを確認する為に適性検査を利用するべきです。まずは適性検査を受けて、その結果を確認してみることです。その上で、この仕事についた自分を想像してみたり、どんな将来像を描いていきたいかを決めることが大事であるといえるでしょう。